So-net無料ブログ作成

在宅酸素療法中の火災27件=26人死亡、半数超は喫煙原因−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は15日、在宅酸素療法による酸素濃縮装置などの利用者宅で、過去6年間に火災が27件発生し、26人が死亡したと発表した。15件はたばこが火元で、同省は酸素吸入時は絶対に喫煙しないなど、装置の適正使用を呼び掛けた。
 同省によると、2003年12月〜昨年11月に起きた装置利用者による火災は15都府県で計27件。たばこが高濃度の酸素で燃え上がったほか、ストーブの高温が原因になった例もあり、同省は「装置の周囲2メートル以内に火気を置かないように」としている。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
「肉食系」女子、高い禁煙志向=草食系は健康心配・ネット調査
喫煙描写で児童誌が販売中止
大幅増税へ「交渉続ける」=たばこ税で
男性の喫煙率、過去最低=20代で大幅減、女性も低水準

小沢氏書生から議員に=疑惑報道に疲労も−石川議員(時事通信)
鳩山首相、普天間移設の5月以前の決着に言及「急ピッチで作業」(産経新聞)
警察官の顔に2回平手打ちした新成人逮捕…高松市(スポーツ報知)
日韓、初の安保宣言検討…北の核に連携強化(読売新聞)
東北、上越、長野新幹線が停電で一時運転見合わせ(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。