So-net無料ブログ作成
検索選択

歯科経営者殺害の被告に懲役23年、大阪地裁(産経新聞)

 平成19年に歯科クリニック経営者の男性=当時(38)=を殺害し遺体を琵琶湖に捨てたとして、殺人と死体遺棄罪に問われた元暴力団幹部、佐伯貴被告(36)の判決公判が17日、大阪地裁であった。中里智美裁判長は「首謀者ながら自ら手を下さない狡猾(こうかつ)な犯行で刑事責任は重大」として、懲役23年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 殺人罪に関し弁護側は「拉致する計画を無視して共犯者が単独で殺害した」と無罪を主張したが、中里裁判長は共犯者の公判供述などから共謀を認定。遺体が未発見であることを引き合いに「対面できない遺族の負担ははかりしれず、処罰感情は峻烈」と指摘した。

【関連記事】
奈良県警の金品受領問題 警部補が組長通じ借金
上申書殺人で無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却
息子装い振り込め詐欺未遂 暴力団幹部らを逮捕 「金の購入でトラブルに」
福岡・大牟田の組幹部射殺、二審は無期 組織的犯行を認定
暴力団幹部射殺事件 タクシー運転手を殺人で再逮捕へ 警視庁

政府案、月内策定を約束=普天間移設問題−鳩山首相(時事通信)
<皇太子ご夫妻>愛子さま学校問題「心を痛めております」(毎日新聞)
IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)
社会医療法人、83法人に(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。