So-net無料ブログ作成

訪問看護の現状と課題を考える市民公開講座を開催(医療介護CBニュース)

 全国在宅医療推進協会は、市民公開講座「みんなで考えよう 訪問看護と在宅ケア」を、6月6日午後2時から開催する。

 看護師や、大学の研究者らが集まり、訪問看護の課題を洗い出すと同時に、その解決策を探ることを目的としている。当日は、同協会理事で有限会社ナースケアー代表の菅原由美氏が『地域の訪問看護、これでいいの?』のテーマで基調講演。パネルディスカッションでは、大学関係者や政治家、同協会関係者らが『日本の訪問看護の現状と今後の展望』のテーマで話し合う。

 会場は世田谷区立保健センター。参加は無料で定員は150人。申し込み、問い合わせは同協会、電話03(5433)5523。


【関連記事】
「医療? 介護?」、保険適用に訪問看護師が混乱
医療・介護の成長産業化、社会保障目的の消費増税を提言―日本経団連
在宅医療は「医薬分業、開局薬剤師の試金石」
訪問看護支援事業での取り組みを報告
通所介護事業所は増、訪問は減―08年施設・事業所調査

強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害−長野県警(時事通信)
<仙台高校教諭殺害>退院の日に襲われる 死因は頭蓋内損傷(毎日新聞)
当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
会社員刺し重傷、43歳兄逮捕=金銭トラブルか−警視庁(時事通信)
石巻3人殺傷 裁判員裁判に プライバシーなど課題(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。