So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

親衛隊中将

親衛隊中将(しんえいたいちゅうじょう)は、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)の親衛隊(SS)の階級「SS-gruppenführer」の訳語の一つである。「gruppenführer」(グルッペンフューラー、直訳すると集団指導者)は親衛隊(SS)に限らず、突撃隊(SA)、国家社会主義自動車軍団(NSKK)、国家社会主義航空軍団(NSFK)といったナチス党組織に存在した階級である。ドイツ国防軍の中将(Generalleutnant)に相当する地位なので「SS中将」「SA中将」「NSKK中将」「NSFK中将」などと訳されることが多い。米英では訳さず原文を用いるが、敢えて訳す場合には陸軍の階級呼称を利用して SS(もしくはSA,NSKK,NSFK)Lieutenant- General と訳される。親衛隊(SS)親衛隊中将(SS-gruppenführer)は、一般親衛隊に存在した階級である。親衛隊少将(SS-Brigadeführer)の上位、親衛隊大将(SS-Obergruppenführer)の下位に位置する。武装親衛隊はドイツ国防軍と同様に武装親衛隊中将(Generalleutnant der Waffen-SS)の位を使用していた。もっとも武装親衛隊中将(Generalleutnant der Waffen-SS)には一般親衛隊の親衛隊中将(SS-gruppenführer)の階級も合わせて授与されるのが通例であった。一般親衛隊の親衛隊中将が武装親衛隊中将位を必ず所持しているとは限らなかった。武装親衛隊と関係があると認められる一般親衛隊の親衛隊中将のみ武装親衛隊中将位が授与されていたようである。一方、警察業務にあたる一般親衛隊中将は、警察中将(Generalleutnant der Polizei)の階級を同時に所持している者が多い。一般親衛隊・武装親衛隊・警察の階級3つとも併せて所持している者も少なくはない。この三者の階級の境界はやや曖昧である。階級章主なSS中将ヴェルナー・オステンドルフ(武装親衛隊将軍。第2SS装甲師団「ダス・ライヒ」師団長)オットー・オーレンドルフ(国家保安本部3局(SD国内業務)の局長。)リヒャルト・グリュックス(テオドール・アイケが髑髏師団を率いて出征した後、代わってナチ強制収容所の責任者となる。)オディロ・グロボクニク(ルブリンの親衛隊及び警察指導者。ラインハルト作戦の執行者。)カール・ゲープハルト(ハインリヒ・ヒムラーの主治医。人体実験に関与。)アルトゥル・ザイス=インクヴァルト(名誉SS中将。元オーストリア首相。オランダ総督。)フリッツ・ザウケル(名誉SS中将。労働力配置総監。)ブルーノ・シュトレッケンバッハ(国家保安本部1局(人事局)局長。第8SS騎兵師団「フロリアン・ガイエル」師団長。)ユルゲン・シュトロープ(ワルシャワ・ゲットー蜂起の鎮圧者。)アルトゥール・ネーベ (国家保安本部5局(刑事警察)の局長。ヒトラー暗殺計画に関与して処刑。)ヨハン・バウア(総統アドルフ・ヒトラー専属パイロット。政府要人を運ぶパイロットから成る総統飛行隊の指揮官。)ゲオルク・フォン・バッセヴィッツ=ベール伯爵(「北海」親衛隊及び警察高級指導者。)カール・ハンケ(ニーダーシュレジエン大管区指導者。ヒムラー解任後、ヒトラーの命でごく短期間親衛隊全国指導者になった)ルドルフ・バンゲルスキス(武装親衛隊ラトビア人義勇軍の指揮官。元白軍指揮官。)カール・フォン・ピュックラー=ブルクハウス伯爵(「中央ロシア」親衛隊及び警察高級指導者。第15SS武装擲弾兵師団師団長)ヘルマン・フェーゲライン(第8SS騎兵師団「フロリアン・ガイエル」師団長。ヒトラーの愛人エヴァ・ブラウンの妹の夫。)カール・ブラント(ヒトラーの主治医)ヘルマン・プリース(武装親衛隊髑髏師団師団長。)ハインリッヒ・ミュラー(国家保安本部4局(ゲシュタポ)の局長。戦後行方不明となる。)ハインツ・ラインファルト(「ヴァルテ」親衛隊及び警察高級指導者。ワルシャワ蜂起鎮圧戦に参加。)ヨアヒム・フォン・リッベントロップ(名誉SS中将。ドイツ外相。)突撃隊(SA)突撃隊中将(SA-gruppenführer)は突撃隊(SA)に存在した階級である。突撃隊少将(SA-Brigadeführer)の上位、突撃隊大将(SA-Obergruppenführer)の下位に位置する階級である。主なSA中将フリードリヒ・カール・フォン・エーベルシュタイン(男爵。ミュンヘンの親衛隊指導者)カール・エルンスト(ベルリン突撃隊の指揮官。長いナイフの夜で粛清)ヴィルヘルム・シュミット(Wilhelm Schmid)(ミュンヘン突撃隊の指揮官。長いナイフの夜で粛清)バルトゥール・フォン・シー

英語30歳1から勉強
イーモバイル最新
競馬情報
債務整理・自己破産
出会いランキング

福山外務副大臣、COP15出席へ(時事通信)

福山外務副大臣、COP15出席へ(時事通信)

 福山哲郎外務副大臣は14日の記者会見で、コペンハーゲンで開催中の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に出席すると発表した。15日に出発し、20日帰国の予定。福山氏は会見で「行くからには何としても合意に向け力を尽くしたい。わが国の立場が最大限受け入れてもらえるよう交渉したい」と語った。 

【関連ニュース
〔用語解説〕「ポスト京都議定書」
COP15成功へ協力=鳩山首相とウルグアイ大統領
米中の削減義務が焦点に=温暖化交渉、2週目始まる-COP15
「環境リポート」の提供開始=トムソン・ロイターと時事通信
先進国と途上国、主張平行線=非公式閣僚級会合を開催-COP15

Eliza Twiningのブログ
日本の現状
クレジットカード現金化 即日
無料携帯ホームページ
債務整理・自己破産

虹の松原自動車学校

虹ノ松原自動車学校(にじのまつばら じどうしゃがっこう)は、佐賀県唐津市松南町にある自動車教習所。JR筑肥線東唐津駅そば(徒歩2分)。通称、虹松(にじまつ)。取得免許普通免許第二種普通免許車両トヨタ コンフォート車の側面の緑色のデザインがかなり派手で目立つ。AT車もMT車も新車を使用。無線教習車は旧式のコンフォート。送迎バストヨタ ハイエーストヨタ コースター三菱ふそう エアロミディその他コースが比較的狭い。女性の指導員が在籍している。卒業生が起こした交通事故の回数が県内で最も少ないとされる。唐津市外(福岡県)からも通学している人がおり、福岡市西区の下山門駅まで送迎バスが来る。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9%E3%81%AE%E6%9D%BE%E5%8E%9F%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成カテゴリ: 出典を必要とする記事 | 佐賀県の自動車教習所 | 唐津市隠しカテゴリ: 特筆性を欠いているおそれのある記事虹ノ松原自動車学校(にじのまつばら じどうしゃがっこう)は、佐賀県唐津市松南町にある自動車教習所。JR筑肥線東唐津駅そば(徒歩2分)。通称、虹松(にじまつ)。取得免許普通免許第二種普通免許車両トヨタ コンフォート車の側面の緑色のデザインがかなり派手で目立つ。AT車もMT車も新車を使用。無線教習車は旧式のコンフォート。送迎バストヨタ ハイエーストヨタ コースター三菱ふそう エアロミディその他コースが比較的狭い。女性の指導員が在籍している。卒業生が起こした交通事故の回数が県内で最も少ないとされる。唐津市外(福岡県)からも通学している人がおり、福岡市西区の下山門駅まで送迎バスが来る。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9%E3%81%AE%E6%9D%BE%E5%8E%9F%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E5%AD%A6%E6%A0%A1」より作成カテゴリ: 出典を必要とする記事 | 佐賀県の自動車教習所 | 唐津市隠しカテゴリ: 特筆性を欠いているおそれのある記事

アルバニア語を勉強中
ゲール語で日本のニュースを読む
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 即日
クレジットカード現金化 比較

<習近平氏>各党党首と会談 軍備透明化などで意見交換(毎日新聞)

<習近平氏>各党党首と会談 軍備透明化などで意見交換(毎日新聞)

 来日中の中国の習近平国家副主席は15日、東京都内のホテルで自民、公明、共産、国民新の各党党首と個別に会談した。自民党の谷垣禎一総裁は「東シナ海のガス田開発問題があまり進展していない。軍備ももっと透明化してほしい」と要請。習氏は「約束は必ず守る。透明化には今後とも努力する」と応じた。

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は「日本が今、困難な状況に陥っている原因は『日本人の心』を失ったからだ。中国は反面教師にしてほしい」と述べ、経済発展を続ける中国に助言した。【田所柳子、田辺一城】

【関連ニュース
民主・山岡氏:「やりとり発表は異常」宮内庁長官を批判
鳩山首相:対米・対中関係の強化を強調 中国副主席と会談
小沢幹事長:「辞表提出後に言うべきだ」宮内庁長官を批判
共産委員長:天皇陛下会見「丁寧な対応が望ましい」
鳩山首相:天皇陛下特例会見、改めて意義を強調

ご近所ニュース
ショッピング枠現金化の情報
無料携帯ホームページ
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較

<違法献金>公訴権乱用など三つの争点決定 小沢氏秘書公判(毎日新聞)

<違法献金>公訴権乱用など三つの争点決定 小沢氏秘書公判(毎日新聞)

 西松建設による違法献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載など)に問われた民主党の小沢一郎幹事長の公設第1秘書大久保隆規被告(48)について、東京地裁(登石郁朗裁判長)の公判前整理手続きが15日終了し、三つの争点が決まった。18日の初公判で、大久保被告は起訴内容を否認する見通し。

 起訴状によると、大久保被告は03~06年、西松建設から計3500万円の献金を受領しながら、小沢氏の資金管理団体「陸山会」など2団体の政治資金収支報告書にダミー団体からの献金と虚偽記載したなどとされる。

 争点は(1)ダミー団体を介した寄付が西松建設から行われたか(2)被告はそれを認識していたか(3)他の議員分のほとんどが捜査対象から外れたのに大久保被告を立件したのは公訴権の乱用か--の3点。【安高晋】

【関連ニュース
西松献金:小沢氏公設秘書 18日初公判決定
西松献金:二階氏秘書を略式起訴 100万円略式命令
西松建設裏金:元社長、国沢被告の有罪判決確定 控訴なく
西松建設裏金:国沢元社長に有罪判決 東京地裁
西松建設裏金:元社長「私の不徳、反省している」 追起訴分

ゲール語 ~食事編~
レノボX60
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 比較
無料携帯ホームページ

TV LIFE

『TVLIFE』(テレビライフ)は、学研パブリッシングが発行する日本のテレビ情報誌である。隔週水曜日発売。目次1概要2全国地方版(対応地域)3連載陣・コラム執筆者3.1番組関連連載4姉妹誌5脚注6外部リンク[編集]概要1983年3月16日、学習研究社(現・学研ホールディングス)より週刊誌として創刊。当時は関東地区のみ発売でFMラジオの番組表も掲載していた。1993年7月から隔週刊に変更、同時に競馬情報版を創刊。1998年に各地方版を創刊。2005年から誌面をオールカラー化した。2009年、学研グループの組織再編に伴い発行元が学研パブリッシングとなる。年末年始号の表紙は、1994年以来毎年SMAPが表紙を飾っており、2009年現在で16年連続となる[1]。[編集]全国地方版(対応地域)北海道・青森版(北海道、青森県)首都圏版(埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県静岡版(出会いランキング県)愛知・三重・岐阜版(愛知県、三重県、岐阜県)関西版(滋賀県、京都府、ショッピング枠現金化府、兵庫県、奈良県、和歌山県)福岡・佐賀・山口版(福岡県、佐賀県、山口県)[編集]連載陣・コラム執筆者おすぎ・検索ロボ平井理央金子貴俊YOU鐸木能光高須光聖クレジットカード現金化公造きくち伸松嶋尚美Ya-Ya-yah→Hey!Say!JUMPTEAMNACS(北海道・青森版から全国版に昇格)サタケミキオトータルテンボス[編集]番組関連連載あいのりはねるのトびらMatthew'sBestHitTV→クレジットカード現金化 比較♪dolly25→悲宝館→業界技術狩人ギョーテック中井正広のブラックバラエティ嵐の宿題くんミュージックステーション[編集]姉妹誌テレビお笑いふ!お笑いTVLIFE[編集]脚注^最長記録更新!年末年始号の表紙は16年連続でSMAP!、TVLIFEWeb、2009年12月13日。[編集]外部リンクTVLIFE-公式サイトこの「TVLIFE」は、書籍に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。項目が文学作品の場合には{{Lit-stub}}を、漫画の場合には{{Manga-stub}}を貼り付けてください。「http://ja.wikipedia.org/wiki/TV_LIFE」より作成カテゴリ:テレビ情報誌|学研の雑誌隠しカテゴリ:書籍に関するスタブ

室蘭工業大学短期大学部

室蘭工業大学短期大学部大学設置/創立1960年学校種別国立設置者日本本部所在地北海道室蘭市クレジットカード現金化 即日町220キャンパス所在地に同じ学部機械科?部電気科?部研究科なしウェブサイトなし室蘭工業大学短期大学部(むろらんこうぎょうだいがくたんきだいがくぶ)は、北海道室蘭市高砂町220に本部を置いていた日本の国立大学である。1960年に設置され、1963年度まで学生募集された。現在は、室蘭工業大学夜間主コースとなっている。目次1概要1.1大学全体1.2学風および特色2沿革3基礎データ3.1所在地4教育および研究4.1組織4.1.1学科4.1.2専攻科4.1.3別科5大学関係者と組織5.1大学関係者一覧5.1.1大学関係者5.1.2出身者6施設6.1キャンパス7対外関係7.1系列校8卒業後の進路について8.1就職について9参考文献10脚注[編集]概要[編集]大学全体室蘭工業大学短期大学部は1963年、室蘭工業大学工学部に併設されたクレジットカード現金化の国立短期大学。2つの学科を擁し、各学科ともに修業年限は夜間部3年制で入学定員40名となっていた。[編集]学風および特色室蘭工業大学短期大学部は勤労学生のために夜間部が設けられていたが、1962年あたりから一般の学生が多くなったといわれる。当時、室蘭市内にある富士製鉄・日本石油などの企業で働きながら学ぶことを希望する人が多かったことから設置された。[編集]沿革1960年室蘭工業大学短期大学部開学。機械科?部電気科?部1963年度をもって学生募集を終了。翌年度より室蘭工業大学工学部?部へ移行。1966年3月31日廃止。[編集]基礎データ[編集]所在地北海道室蘭市クレジットカード現金化 即日町220[編集]教育および研究[編集]組織機械科?部電気科?部なしなし[編集]大学関係者と組織[編集]大学関係者一覧大賀悳ニ大坪喜久太郎武田新一:1965年3月電気科?部卒業[1][編集]施設[編集]キャンパス工学部とキャンパスを共用していた。[編集]対外関係[編集]系列校室蘭工業大学[編集]卒業後の進路について[編集]就職について勤労学生が多かったようであり、故に新に就職した人は少なかったものとみられる。[編集]参考文献『全国学校総覧』『短期大学一覧』『全国短期大学高等専門学校一覧』(文部省高等教育局技術教育課監修)『gyanのブログ百年』[1][編集]脚注^北海道立図書館所蔵この「室蘭工業大学短期大学部」は、短期大学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。(ポータル教育/ウィキプロジェクト大学)「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E8%98%AD%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%9F%AD%E6%9C%9F%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%83%A8」より作成カテゴリ:日本の短期大学(廃止)|北海道の大学|日本の国立大学隠しカテゴリ:短期大学関連のスタブ項目

-|2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。