So-net無料ブログ作成

菅家さん、故郷で除夜の鐘=釈放後、初の年越し−栃木(時事通信)

 足利事件で再審無罪が確定的な菅家利和さん(63)が31日、故郷の栃木県足利市の鑁阿寺(ばんなじ)で除夜の鐘を突いた。菅家さんは、「釈放されるとは夢にも思わなかった。激動の年だった」と1年を振り返り、「3月に無罪判決が出たら、同じように(えん罪で)苦しむ人たちを支援したい」と新年の抱負を語った。
 同寺の近くで生まれ育った菅家さん。街で市民からねぎらいの言葉を掛けられることも多い。「帰ってきたなと思います」。正月は支援者らとカラオケなどをして楽しむ予定という。 

【関連ニュース】
当時の鑑定「ミス見当たらない」=DNA型で科警研所長が証言
菅家さん、足利市民とハイキング=「自由になった感じ」
布川事件の再審開始確定=「自白疑問」の高裁判断支持
1位は「政権交代」=社会部長が選ぶ10大ニュース
十大ニュース一覧=時事通信

そば二郎
null
ショッピング枠現金化
現金化
無料携帯ホームページ

通常国会前、政権に打撃=後任、小沢氏の意向反映か−藤井財務相の辞任で(時事通信)

 藤井裕久財務相の辞意表明は、鳩山政権に大きな打撃を与えそうだ。通常国会召集を18日に控え、鳩山由紀夫首相は藤井氏を慰留したが、体調不良の同氏の辞意は固い。2010年度予算編成を指揮した財務相を欠く事態になり、与党内には「予算審議を前に担当閣僚が辞める事態は深刻だ」と国会審議への影響を懸念する声が出ている。
 77歳の藤井氏は閣僚では最高齢のベテランで、旧大蔵省出身の財政通。民主党内には、財政に関して藤井氏をしのぐ人材はおらず、「藤井氏では通ることも、他の人では通らない」(首相周辺)とも指摘された。藤井氏の国会での安定した答弁に、首相の期待は高かった。
 予算編成をめぐっては、新規国債発行額は過去最大の44兆円超に達し、ガソリン税暫定税率廃止はマニフェスト(政権公約)に反して実質的に維持。国会論戦の主戦場となる衆院予算委員会で、野党側がこうした「公約違反」を厳しく追及するのは必至で、「誰が財務相でもなかなか大変」(民主党中堅)な状況となる。
 首相は4日の記者会見で「できる限り閣僚には長く務めていただきたい」と述べていたが、藤井氏の場合「健康問題だから仕方ない」との声が与党内には多い。ただ、代わりが務まる後任人事の選択肢は限られる。調整は難航が予想され、首相が人事で指導力を発揮できるか。最終的には、鳩山政権の実権を握る民主党の小沢一郎幹事長の意向が反映されるとの見方も強い。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

日本の現状
h7yv86fkのブログ
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
債務整理

加速するブログ市長離れ 阿久根市役所周辺は厳戒態勢(産経新聞)

 市議の不人気アンケートや1円単位での市職員全員の給与一覧を掲載した鹿児島県阿久根市長のブログが再び“炎上”している。市議会や公務員の厚遇批判で「ネット世論」の喝采(かっさい)を浴びた市長だが、障害者への差別ともとれる書き込みでは全国からの激しい非難にさらされ、窮地に立たされているのだ。反市長派との泥仕合を制した出直し市長選から7カ月。障害者団体のほか、右翼団体の街宣車も集結した地元は厳戒態勢の中にあり、支持者たちの市長離れも加速しているという。(花房壮)

  [フォト] 竹原市長、抗議受け「目が見えない人は何と呼べばいいの」と話す一幕も

 ■静かな町にある日、街宣車が…

 12月21、22の両日。阿久根市役所周辺は朝から緊迫感に包まれていた。

 正面玄関以外の出入り口が施錠された庁舎内外には警察官が立ち並び、駐車場の出入り口も不審車両の進入を防ぐため1カ所に制限されていた。

 「竹原信一市長への抗議のため九州各地から右翼団体の街宣車7、8台が集まり、その警戒でものものしかった」

 地元市議はそのときの様子を振り返る。

 市役所周辺は厳戒態勢で、庁舎にも『住民票等窓口以外のご利用はご遠慮ください』という市長名の張り紙もあり、来訪者もいつもより少なかったという。市長も警護上、登庁を見送るという異常事態だったのだ。

 静かな漁村に街宣車の一団が押しかけた原因は、竹原市長のブログ「阿久根時事報」の内容にあったとされる。

 《高度医療のおかげで以前は自然に淘汰(とうた)された機能障害を持ったのを生き残らせている。結果、養護施設に行く子供が増えてしまった》

 《『生まれることは喜びで、死は忌むべきこと』というのは間違いだ》

 《センチメンタリズムで社会を作る責任を果たすことはできない》

 こうした書き込みが記されたのは11月8日付のブログだった。医師不足対策を論じる中で、高度医療に対する考え方や自らの死生観を吐露したようだ。

 障害者への差別ともとれる書き込みに対し、右翼団体側は、竹原市長が市議時代に自らのブログにつづった天皇制批判とあわせて、謝罪を要求する街宣活動を行ったのだ。

 12月市議会でも市議が障害者をめぐる書き込みを取り上げ、議会としても謝罪を求める決議を賛成多数で可決した。

 さらに、鹿児島県議会も竹原市長に関係者への謝罪を求める決議を可決するなど、問題は拡大の一途をたどっている。

 「市町村の問題について、県議会が決議をとるのは異例。県全体のイメージダウンにつながるとの危機感が県議会にもあったのではないか」と市議会関係者は口にした。

 実際に、問題となった竹原市長のブログ内容は、全国の障害者団体から猛抗議を受け、「団体の中には鹿児島県産品の不買運動を検討したところもあったようだ」(関係者)という。

 ■「謝罪はしない」「不信任を出せ」

 抗議の電話が殺到した市役所では、「仕事に手がつかない状態が続いている」(議会関係者)というが、渦中にある竹原市長の対応はどうか。

 問題の書き込みが行われた翌11月9日付のブログでは、発言を批判するメールを紹介した上で、《慎重さを欠く見解に見えたかもしれない》としたが、謝罪の言葉はなかった。

 12月市議会での一般質問に対しても、「差別というのは誤解。謝罪はしない」と答弁し、頑なな姿勢をみせた。

 障害者に関する書き込みは現在《修正中》となっているが、考え方に変化はなさそうだ。

 今月中旬に福岡市の信用調査会社が主催した会社経営者らへの講演会で、市長は「社会づくりは木を育てるようにしなきゃならない。枝の先が腐ってきたら切り落とさないかん」と強調。講演後、報道陣から障害者をめぐる書き込みとの関連性を追及される一幕もあったが、市長は「分からない人には答えない」と話した。

 市長のこうした対応について、地元の市議はクギを刺した。

 「さまざまな思想を持つのは本人の自由だと思うが、それが一度、ブログなどで表明されると、傷つく人もいるということを知ってほしい」

 その上で、こうも指摘する。

 「以前から周囲のアドバイスに耳を貸さなかったが、最近は特にその傾向が悪化している。今回の騒動については市長自体も問題の予想以上の広がりに驚いているのではないか」

 事態が収拾しないことに焦りを感じているのか、12月市議会では辞任を迫る市議に対し、「(市長の)不信任を出してください」と、挑発とも自暴自棄ともとれる言葉が議場に響いた。

 ■「裁判所は人事を論じる資格なし」

 阿久根市が抱える火種は市長のブログへの書き込みだけではない。

 クリスマスの25日午前10時。鹿児島地裁の法廷に竹原市長の姿があった。

 市庁舎内で各課の人件費総額を記した紙をはがしたとして懲戒免職処分になった元市係長の男性(45)が、「処分は裁量権の乱用で違法」と市に取り消しを求めた訴訟の第2回口頭弁論が開かれていた。

 市議会で弁護士費用を否決されたため、市長本人が出廷したのだ。

 市長は準備書面で、「人事は首長の専権事項であり、円滑な行政に必要として行われた以上、適法」と主張。その上で、「裁判所は首長と対等の立場から人事の適否を論じる資格を持たない」などとした。司法機関への“宣戦布告”ともとれるものだった。

 市長は平成21年春の出直し市議選や出直し市長選を通じて、市職員の高給を攻撃対象に掲げ、1円単位での職員給与一覧を市のホームーページや自らのブログでも閲覧できるようにした。一般住民の年収レベルを大幅に上回る市職員の高給ぶりは市民の反発感情に火をつけ、市長派議員の増加と市長の支持基盤拡大に貢献したのだ。

 人件費総額のビラは選挙後も庁舎内に張られていたが、何者かによって、はがされるという“事件”が起きた。後で名乗り出たのが元係長だったのである。「職場環境の正常化を図る」というのが理由だったが、市長は7月末、この元係長を懲戒免職処分にしたのだ。

 ただ、元係長は地裁に処分の効力停止を求め、10月21日に処分の執行停止が決定された。市側の即時抗告も福岡高裁宮崎支部によって棄却されたのだ。

 市長による免職処分が司法によって“やりすぎ”と認定された格好だが、市側は地裁決定後も「市長の指示がない」として元係長の職場復帰を認めず、賃金やボーナスも支払っていない。

 職員との“闘争”では、市長もブログ上で批判を展開している。

 例えば、11月24日付のブログはこうだ−。

 《公務員の中には年休取り放題。飲みすぎた朝に電話で連絡、代わりの職員が年休届けをする。好き放題で休みをとっているのが結構居るようだ》

 《阿久根市役所にも居るらしい。急に休んで申し訳ないとも思わない。こんなふざけた連中を組合が支えるのだ》

 こうした書き込みについて、地元の市議は「確かに、市職員にも緩んでいるところはあるのかもしれないが、だからといって、裁判所の決定を無視してよいわけではない。市長もちょっと慎重さに欠けている」と漏らす。

 5月の出直し市長選で市長を支持した地元の会社員は「市長選のころは、言動は確かに過激だったが、任期がまだ1年未満と短く、財政改革にどこまで切り込めるかもう少し見てみたいという感じで支持した」と述べた上で、こう続けた。

 「ただ、今の市長のやり方では市職員との摩擦が大きくなるだけ。やっぱり市長を変えるしかないのかも…」

 地元では市長に対するリコール運動も起き始めているといい、わずか半年の間で竹原市長を取り巻く環境は厳しくなったようだ。

【関連記事】
ブログ市長が講演「活力社会へ生命“刈り込む”作業も必要」
ブログ市長、給与明細はがしの職員にボーナス不支給
1円単位でボーナス公開 阿久根市HPで222人分
【衝撃事件の核心】ついに事情聴取! 「投獄してみますか?」挑戦的な書き込み
“ブログ市長”が特定候補の支持表明 公選法に抵触?

r8scw5i3の日記ブログ管理ツール
kmwrj3fmjrのblog
競馬サイト
現金化
モバイル ホームページ

アルマ計画 世界最大の電波望遠鏡 天体の観測に成功(毎日新聞)

 日米欧などが南米チリのアタカマ砂漠で建設中の世界最大の電波望遠鏡「ALMA(アルマ)」計画で、標高5000メートルの山頂に設置したパラボラアンテナ3台が同じ天体の観測に成功した。国立天文台が5日、発表した。アンテナは年内に16台まで増やし、12年の本格運用を目指す。

 アルマ計画は約20カ国が参加。約270平方キロの広さに66台以上の高性能パラボラアンテナを並べ、1台の巨大な望遠鏡として宇宙からの微弱電波をとらえる。

 今回の試験は完成までの過程で最も重要な段階とされ、直径12メートルのアンテナ3台で同時に遠方の明るい銀河(クエーサー)を観測し、信号を合成した。井口聖・東アジア・プロジェクトマネジャーは「大気の揺らぎを取り除くことができ、システムが安定していることが実証された。安心して次のステップに進める」と話す。【須田桃子】

【関連ニュース】
天文:国内初、元日の月食
ロシア宇宙庁:「2032年に小惑星が地球に衝突」
部分月食:元日未明の西の空 初日の出の前に「お年玉」
雑記帳:京都産業大に本格的な天文台
ふたご座流星群:オーロラと同時撮影…米アラスカ州で

真実の泉
バンコク街道
クレジットカード現金化 即日
現金化
競馬サイト

初日の出暴走 48台に整備命令(レスポンス)

国土交通省が警察庁と自動車検査独立行政法人と連携して実施した「初日の出暴走」の不整改造車に対する特別街頭検査で、48台に整備命令が発令された。

[地図:街頭検査実施箇所]

特別街頭検査が実施されたのは、首都高速都心環状線京橋出口手前(東京都)、中央自動車道河口湖料金所(山梨県)、東関東自動車道千葉北料金所(千葉県)、一般道路大洗海岸(茨城県)の5か所。

同省関東運輸局と自動車検査独立行政法人関東検査部から各23人、総勢46人の自動車検査官が動員された。

検査対象となった車両は四輪車73台、二輪車6台。二輪車は6台とも河口湖料金所で検査対象となった。そのうち48台に整備命令が発令された。

整備命令の内容は以下のとおり(1台に複数の命令が発令されている場合がある)。
●車枠・車体関係(タイヤの車体外へのはみ出しなど)…44件
●騒音・排ガス関係(マフラーの取り外しなど)…25件
●保安装置関係(窓ガラスへの着色フィルムの貼付など)…26件

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
初日の出暴走 特別街頭検査、大晦日から元日にかけ
けが人も出た 渋谷駅前スクランブル交差点
初日の出暴走、53台に整備命令…国交省
国土交通省 特別編集
警察庁 特別編集

My First JUGEM!
留守犬
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。