So-net無料ブログ作成
検索選択

<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)

 防衛省統合幕僚監部は15日、領空に接近した他国籍機に対する航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)が、09年度は299回だったと発表した。過去10年では、07年度の307回に次いで2番目の多さだった。

 内訳は、ロシアが197回で66%を占めて最多。中国38回(13%)、台湾25回(8%)などが続いた。年度を通じ、ロシア機が日本の領空に沿って日本海沖縄、薩南諸島方面へ長距離飛行したのが特徴。

【関連ニュース
防衛省:前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分 1尉も指導
埼玉県警商標権侵害:防衛省が警察庁に再発防止を要請
普天間移設:北沢防衛相が沖縄知事に政府検討案説明か
空自談合:初の改善措置要求 公取委
北沢防衛相:自衛隊機を民間転用 検討会発足へ

<掘り出しニュース>空腹にたえかね、他人の家で野菜炒め調理中に御用(毎日新聞)
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に−成田空港(時事通信)
火山噴火 降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)
「最も親しみ感じる」日本はヨナ、韓国は真央(読売新聞)

<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、民主党鹿児島県連の川内博史代表は19日、首相官邸で鳩山由紀夫首相と会談し、鹿児島県徳之島への移設案の白紙撤回を申し入れた。首相は「まだ正式な案が決まっているわけではない。白紙撤回も何も、そういう状況じゃない」と述べるにとどめた。

 川内氏ら鹿児島県選出国会議員は、首相に対し「自治体や鹿児島県知事、党県連にも正式な情報提供がない中で、徳之島案が報道されているのは大変遺憾だ。徳之島案は白紙撤回し、議論を整理すべきだ」と要請。徳之島で18日に開かれた反対集会を踏まえ「民意を重く受け止める必要がある」と指摘した。

 首相は19日、官邸で記者団に「徳之島の皆さんには、不安ばかり募らせてしまい、おわびを申し上げなければならない」と陳謝した。【山田夢留】

【関連ニュース
普天間移設:民主県連が「徳之島」撤回要請へ
普天間移設:「一つの民意」反対集会に首相
普天間移設:「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会
普天間移設:徳之島で反対集会 1万5000人が参加
普天間問題:徳之島案撤回を 民主党鹿児島県連が要請へ

里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
政治主導確立法案 野党の追及の的に(産経新聞)
エベレスト初登頂の偉業再現 板橋区・植村冒険館(産経新聞)
虚偽の人事情報で百万円受領、厚労省室長を懲戒処分に(医療介護CBニュース)
<歯科医師>自民離れ 党員4分の1に 埼玉の政治団体(毎日新聞)

<掘り出しニュース>知ってる?埼玉名物「借金なし」豆腐(毎日新聞)

 【埼玉】「作れば借金をなせる(返せる)」という由来のある県在来の大豆「借金なし」を使った同名の豆腐の販売が19日、本庄市寿のもぎ豆腐店で始まった。昨年初めて商品化されて人気を集め、今年も県内外の百貨店などで、期間限定で販売される。

 「借金なし」は収穫量の多い品種で、秩父や本庄地域などで大正時代から栽培されていた記録があるが、現在は手間がかかるなどの理由から数軒しか作らなくなっているという。「在来種を残したい」と、08年度から県農林公社が栽培し、「三之助」ブランドで知られるもぎ豆腐店が商品開発・販売に協力した。

 生産量が少ないため、270グラムで1丁315円(税込み)と価格は少々高め。だが、もぎ豆腐店の根岸修・総務部長が「コクと甘みがあり、これを食べたら豆腐のイメージが変わるはず」と話す自信作。同店(電話0495・22・2331)での販売は5月16日まで。【藤沢美由紀】

【関連ニュース
食卓の一品:豆腐ヨモギ団子
「借金なし」豆腐:限定販売開始 本庄の店で来月16日まで /埼玉
万年元気とうふ:初出荷 平成の名水・下園妙見様湧水活用−−玖珠町・下荻 /大分
わがまち食自慢:鳥取市国府町雨滝 豆腐料理 天然水と大豆にこだわり /中国
わがまち食自慢:鳥取市国府町雨滝 豆腐料理 山野松美さんの話 /中国

新規事業、届け出制に緩和=来年10月に施行−郵政改革法案骨子(時事通信)
【Web】プラスネットで新ラジオ(産経新聞)
券売機前で介護士殴る=陸自隊員逮捕−大阪府警(時事通信)
6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭(産経新聞)
100人が成田空港で一夜=帰国できない外国人ら−欧州火山灰(時事通信)

恒久減税案を否決=市議報酬半減案も−名古屋市議会(時事通信)

 名古屋市議会は21日の本会議で、河村たかし市長が提案した恒久的な市民税10%減税のための条例改正案と、議員報酬を半減させる条例改正案をともに反対多数で否決した。
 市民税減税は、河村市長の最大の公約。市議会は昨年12月、いったん恒久減税条例案を可決したが今年3月、市財政への影響を考慮し、減税を2010年度に限定する改正を行った。
 これに河村市長が反発、臨時議会を招集し、減税を恒久化させる条例改正案と、市議の報酬を半減させる条例改正案を提案。市議会の2委員会は20日、「減税財源が明確でない」「市長は外国に比べ名古屋市議の給料は高いというが、データが客観的でない」などの意見の下、両条例案をそれぞれ全会一致で否決していた。 

【関連ニュース
恒久減税、議員報酬半減条例案を否決=名古屋市議会委員会
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める
首長ら「日本創新党」旗揚げ=党首に山田杉並区長、参院選5議席目指す
議会解散以外に方法なし=市民税減税の公約実現で
菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で

春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
3歳娘を浴室に6時間監禁…虐待父親を再逮捕(読売新聞)
<幸田町議汚職>贈賄側の売却益7億円 愛知県警(毎日新聞)
民主、新人議員研修を終了へ(産経新聞)
舛添氏、橋下・東国原知事との連携に積極姿勢(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。