So-net無料ブログ作成

沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ(産経新聞)

 今月10日に沖縄近海を通過した中国海軍の艦艇がその後、日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)近海に入り、同島を基点とする日本の排他的経済水域(EEZ)内で島を1周するように航行していたことが19日、わかった。複数の日米軍事関係筋が明らかにした。沖ノ鳥島は島ではなく、EEZの基点とならない「岩」だと主張している中国側による日本への示威行動とみられ、日本政府は中国艦艇の航行記録を慎重に調べている。

 中国艦艇は、東海艦隊(司令部・浙江省寧波)のソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦2隻、フリゲート艦3隻、キロ級潜水艦2隻、補給艦1隻など計10隻で編成。10日に沖縄本島の南西約140キロの公海を東シナ海から太平洋に向けて通過した後、11日に沖縄南方海域で洋上補給を行うと、13日ごろに沖ノ鳥島周辺海域に到達した。

 防衛省関係者によると、現在も太平洋上で演習を継続しているという。

 8日には東シナ海で艦載ヘリが監視中の海上自衛隊の護衛艦の約90メートルまで接近している。

 中国軍の機関紙「解放軍報」によると、中国海軍は今回の行動を「近来まれにみる期間と規模の遠洋訓練」と位置づけている。航海中には、艦載ヘリの誘導で空母機動艦隊を攻撃する訓練や対艦ミサイルによる攻撃を電波妨害で防ぐ訓練などのほか、「世論戦、心理戦、法律戦の訓練」も行うという。

 中国は過去、国連海洋法条約で必要な日本への通告を行わずに沖ノ鳥島周辺のEEZ内の海洋調査を進めてきた。今回の行動も独自調査による海流データなどを通じて、同周辺海域で潜水艦を含む軍事行動が可能になったことを誇示するねらいがあるとみられる。

 また、艦艇が同周辺海域に進出したとされる13日には、米ワシントンで日中首脳会談が行われていた。鳩山政権の反応を探る意図もありそうだ。

 日本政府は、中国艦艇の航行について、11日までの情報は日中首脳会談後の13日午前に公表したが、その後のことは、中国政府への対応を含めて明らかにしていない。

【関連記事】
海の「領土」拡大を 日本経団連が政府に提言へ
経済水域保全へ新法案決定 国が「特定離島」指定
沖ノ鳥島問題で中国に反論 外務報道官
沖ノ鳥島の港湾整備 中国「国際法に反する」
南鳥島と沖ノ鳥島、岸壁整備で拠点化目指す

<福知山線事故>JR西 脱線防止策進ちょく状況など報告(毎日新聞)
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン(産経新聞)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)
里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
社会医療法人、94法人に(医療介護CBニュース)

堀内恒夫氏に参院選への出馬を打診 自民(産経新聞)

 自民党が、プロ野球巨人の元投手で前監督の堀内恒夫氏(62)に夏の参院選への出馬を打診していたことが20日、分かった。堀内氏が受諾すれば、自民党は同氏を比例代表候補として擁立する方針だ。

 党関係者によると、打診したのは今年初め。このとき堀内氏は関係者と相談したいと留保したという。

 堀内氏は山梨県の甲府商業高を卒業後、昭和41年に巨人入団し、「V9」時代のエースとして活躍。生涯成績で203勝し、名球会入りした。

【関連記事】
巨人「18」継承者求ム! 清武代表が熱望
みのブチ上げた! 横浜次期監督イチオシは“悪太郎”
みんなの党、あの元日本テレビキャスターに出馬打診
岡部まり氏が小沢幹事長と涙の出馬会見 参院大阪選挙区
藤川市議擁立に前向き 参院選で自民・大島氏
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)
【集う】日本財団 春の交流会(産経新聞)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
明石歩道橋事故、元副署長を初の強制起訴(読売新聞)
徳之島できょう「1万人集会」=普天間移設に反対−鹿児島(時事通信)

<新・多能性幹細胞>「ミューズ」と命名…東北大チーム発見(毎日新聞)

 大人の皮膚や骨髄の中に、さまざまな細胞になる能力を持つ多能性幹細胞があることを、出沢真理・東北大教授らの研究チームが発見した。分離・培養も成功した。胚(はい)性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)に続く多能性幹細胞の可能性があるとして、「Muse(ミューズ)細胞」と命名した。既知の2種類に比べ増殖率は劣るが、がん化の恐れは低く、医療への応用が期待されるという。

 成果は、19日付の米科学アカデミー紀要に発表した。研究チームは、ヒトの骨髄や皮膚に含まれる細胞中にごくまれに現れるES細胞に似た細胞に着目。濃縮・培養すると、神経や筋肉、肝臓などの細胞に分化した。

 また、無限に増えるES細胞やiPS細胞と違い、2週間ほどで増殖が止まった。さらに、マウスの損傷した皮膚や筋肉、肝臓に投与すると、それぞれの組織の細胞になった。精巣に移植すると、ES細胞では8週間後に腫瘍(しゅよう)ができたが、Muse細胞は半年たっても腫瘍化しなかった。【須田桃子】

【関連ニュース】
iPS細胞:「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研
ES細胞研究:生殖細胞作成 4月にも解禁
iPS細胞:疾患には逆効果?脳梗塞マウス、移植後に腫瘍
学士院賞:iPS細胞研究の山中氏ら11人に
ヒト生殖細胞研究

首相「一つの民意」=徳之島の反対集会−普天間移設(時事通信)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減−衆院(時事通信)
景気判断据え置き=4月の月例経済報告(時事通信)
<郵政改革>法案骨子発表 ゆうちょ銀行などの業務拡大容認(毎日新聞)
<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)

家族5人刺され、1歳女児死亡…容疑の男逮捕(読売新聞)

 17日午前2時15分頃、愛知県豊川市伊奈町前山、会社員岩瀬一美さん(58)方で人が刺されたと、近くに住む女性から110番があった。

 豊川署員が駆けつけたところ、岩瀬さん方は2階部分が焼け、1階で岩瀬さんが倒れていた。岩瀬さんは首などを刺されており、病院に搬送されたが、間もなく死亡。岩瀬さんは7人家族で、ほかに4人が刺されるなどし、女児(1)が死亡、3人がけがをした。

 現場にいた岩瀬さんの長男の無職高之容疑者(30)が「家族を刺し、火をつけた」と認めたため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、殺人容疑に切り替えて調べている。

 同署によると、けがをしたのは岩瀬さんの妻正子さん(58)、三男文彦さん(22)、文彦さんの内妻の金丸有香さん(27)で、死亡した女児は文彦さんの長女友美ちゃん。家族のうち、岩瀬さんの次男(24)は留守だった。

ハノイ貿易大 日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
<訃報>山村若晴司さん67歳=日本舞踊家(毎日新聞)
初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕(毎日新聞)
シルク博物館でペルシャ絨毯展、イラン国外で初展示品も(産経新聞)
暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)

無登録で未公開株販売 経営コンサル会社元社長ら逮捕 17億円売り上げ(産経新聞)

 未公開株を無登録で販売したとして、警視庁生活経済課は23日、金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで、平成20年1月に経営破(は)綻(たん)した経営コンサルタント会社「シーエーアイ」(東京都新宿区)元社長、黒沢泰容疑者(59)=中野区南台=と元幹部の計4人を逮捕した。同課によると、同社は16年10月〜20年3月までに全国の顧客770人に未公開株計3千株を販売、約17億円を売り上げていたとみられ、同課は売上金の使途の解明などを急ぐ。

 同課によると、黒沢容疑者ら2人は容疑を認めているが、残る2人は否認している。

 同課の調べでは、シー社は無登録で19年5月から12月までの間、都内の無職女性(66)ら12人に、21年に経営破綻した広告企画・制作会社「ディー・ジー・コミュニケーションズ」(港区)の未公開株57株を計約3390万円で販売した疑いが持たれている。

 シー社はディー社の未公開株について「人気アニメキャラクターを使った英語教材を扱っており、株が上場されれば間違いなく2〜3倍ぐらいもうかる」などと持ちかけ、顧客に1株50〜60万円で販売していた。シー社は15〜20万円で未公開株を仕入れていた。

 ディー社は19年6月、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のキャラクター使用契約を都内の出版会社と結び、学習教材などを提供していたが、契約に反してディー社の事業広告にキャラクターを使うなどしていたという。

【関連記事】
金融商品取引法改正案を閣議決定 投資家保護へ規制強化
バルチック社に賠償命令 中国投資話で詐取認定
無登録でマンション管理 適正化法初適用 容疑の男書類送検
モンゴル投資のファンド販売会社、無登録容疑で家宅捜索 5億募る 警視庁
「のめり込むように信じた」数千万円投資の女性 サンラ・ワールド
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

滑って転倒、7人けが=季節外れの降雪で−東京(時事通信)
石原都知事、威光に陰り?4選出馬説も交錯(読売新聞)
数千枚に1枚、マラドーナのカード盗んだ疑い(読売新聞)
アパート放火か、女性2人死傷=容疑で捜査−警視庁(時事通信)
県外移設断念やむを得ない=「沖縄県民におわびを」−民主・渡部氏(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。